ACROSS(アクロス)考察

こんばんは

パチスロは趣味、あっきーとです

パチスロの基準が変わりつつある現在、

様々なAタイプ

(ボーナスのみもしくはボーナス+RT)が

ホールに顔を連ねるようになりました

その先駆者と言ったら、やはり

ACROSS(アクロス)でしょう

クランキーコレクションを皮切りに、

B-MAXや花火、リボルト、ゲッターマウスなどなど

続々とホールデビューしていき、どの機種も

話題になったものなのは

周知でしょう

しかし、そんな機種にも、人気の

違いは当然あり、常に高稼働な台、

かなり稼働が落ち着いてきている台、

があると思います

そんなアクロスの機種を

私が「勝手に」

適正台数を考察してみました

まずは、アクロスの機種(Aタイプ限定)を

書き出してみます

(できるだけ時系列に沿って)

・クランキーコレクション(100.2%)

・B-MAX(101.5%)

・スーパージャックポット(97.9%)

・花火(100.5%)

・サンダーVリボルト(98.9%)

・キングジャック(97.4%)

・ゲッターマウス(100.0%)

・バーサス(100.5%)

計8機種ですかね(抜けていたらすいません)

カッコ内は設定1の機械割になっています

いやーこれらを見ても人気機種の

オンパレードって感じですが、

特筆すべきは

やはり、設定1の機械割の「甘さ」

だと思います

この甘さにつられて打ち始める

打ち手は少なくないと思います

これらを満遍なく、3台ずつとか

4台なしい5台ずつ入れるのも

「悪くない」

とは思いますが、

「芸がない」

ように感じてしまいます

ちなみ私は上記の台はすべて

ある程度の感想を言えるくらい打ち込んでいますが、

闇雲に設置するのは得策とは思えません

また、その機種に応じてのその甘さを引き出すために

打ち手に求められる技術介入の高低は無視できない

ポイントだと思います

技術介入の高さ、複雑さが一番高いのは

B-MAX

これで間違いありません

次点で

花火、バーサス

他は横並び

こんな感じですかね

後は音や出目など

考える要素は様々ですが、

それらも含め私は以下の結論に至りました

・クランキーコレクション 2台

・B-MAX 1台

・スーパージャックポット 1台

・花火 5台

・サンダーVリボルト 2台

・キングジャック 1台

・ゲッターマウス 2台

・バーサス 3台(今後の展開で増減)

こんな感じの設置バランスだったら

少なくとも私は心が躍ります

ホール経営者でもない私が

自由に書いてみましたが、

自分の行きたくなるようなホールを

仮想的に作り上げる作業って面白いですし

きっとやったことがある方もいると思います

今後もこう言った自由な雑感で

ブログを書かせていただくことが

ありますが、おもしろおかしく読んでもらえたら

嬉しいです

それでは☆