テラフォーマーズ

こんばんは

パチスロは趣味、あっきーとです

最近はっている台があります

それが

パチスロ「テラフォーマーズ」

テラフォーマーズ

です

好きなポイントはいくつかありますが、

特筆するポイントとして、

「攻めることができるポイントが多い」ということです

①ART非当選ボーナス10回連続後の天井

②特殊リプレイ規定回数天井(最大50回)

③777G以降のボーナス

攻略誌でも十分に取り上げられているので

テラフォーマーズを打ったことがある人は

ほぼ備えている知識だと思います

正直、この三つを積極的に狙っていくことは、

個人的にはおススメしません

ではどのように立ち回るか

それは、

③のみを意識して立ち回り、

その間に特殊リプレイが成立した時のボイスで

規定回数を示す、小町艦長か、ミッシェルが発声した

場合は、②の天井も兼て狙う

この立ち回りをすることで大分リスクを軽減できます

私が①を推奨しない理由は、

「リスクが無限に広がっているから」です

というのも、

テラフォーマーズはよくバジリスク絆と類似していると言われますが、

私はその意見に賛同できません

そもそもテラフォーマーズはA+ART機なので、

バジリスク絆のように高確などによりボーナスが当たりやすくなったり、

ボーナスの天井が設けられていません

バジリスク絆は最低でも500Gはまれば・・・

という逆算もできますが、

テラフォーマーズは常に1/150前後の確率の

ボーナスを引かなくてはいけないのです

ボーナスを一回引くだけならまだしも、

例えば7回スルー中の台を狙った場合、

最大で4回のボーナスを引く必要があります

かなりリスクが高まりますよね

また、①の天井を推さない理由はもう一つあり、

「そんなにスルーする台は低設定の可能性が高すぎる」

私は数回、テラフォーマーズの高設定を打ったことがありますが、よっぽどのことがない限りそんなにスルーすることがないのです

多くても5回以内にはあたり、連続して当たることも決して珍しくありません

テラフォーマーズの高設定は安定すると個人的には思っているので、

狙えるチャンスがある方は是非、狙ってみてください

低設定と高設定では挙動に顕著な差が出ることが多いです

追記として、①の天井は狙わないと言いましたが、

期待値があることに変わりありません

他に狙う台がなかったり、スルー回数が

多い台(9スルーなど)は時と場合をみて

打つのもありだと思います

テラフォーマーズと節度のある付き合いをし

性能を十分に発揮しつつ、

最大限楽しみましょう

それでは☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする