機械割を時給換算してみると

こんにちは

パチスロは趣味、あっきーとです

今日はブログのコンテンツを整理していたので、

気付いたらお昼過ぎ、お腹がすいたのでご飯を・・・

の前に

機械割を時給換算

してみることにしました

なぜ今か?

、、、特に理由はないですが、ふと思い立ったので、

ということにしておきましょう

まず基本的な知識として、

110%や115%が何を意味しているのか、

「機械割」や「PAYOUT」というと誰もが知ってる

ワードだと思いますが、

その本当に意味に関しては「ざっくり捉えている」方が

多いのではないでしょうか

そこから解説していきましょう

機械割110%を例にとって考えていきます

まず、110%というのは「1Gあたりのプラスが10%ある」

という意味なのです

パチスロは1G回すのに3枚のメダルを使います

つまり60円ですね

60円に対する10%は

60×0.10=6円

になるので、機械割110%の台を1G回すと

「毎G、6円プラスになっていく」

という計算になります

7000G回せば、7000×6=42000円

8000G回せば、8000×6=48000円

9000G回せば、9000×6=54000円

となるわけですね

ここからが本題です

仮に10時開店のホールで110%の台を

朝一からツモったとして、稼働できるは時間は

概ね12時間です

一時間当たり600G回す人は一日に

600×12=7200G回せるので、

7200×6=43200円の日当になります

これを時給換算すると43200÷12=3600円

一時間当たり750G回せる人は一日に

750×12=9000G回せるので、

9000×6=54000円の日当になります

これを時給換算すると54000÷12=4500円

上記二つの例を挙げましたが、

差は明白ですね

もちろん、パチスロは回転数を稼ぐこと

だけが本来の楽しみではないと思うので、

一概にも言えませんが、

せっかく高設定をツモったなら、そのスペックを

十分に発揮させないともったいないですよね

今回のこの記事で回転数を稼ぐことの重要性を

再認識してもらって、それが読んでくれた人の

稼働に少しでも役に立てたらと思います

それにしても時給3600円~4500円って

110%、どんだけすごいんだよ

それでは☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする